北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たべもの達

最近、仕事で外食が多かったのです。

まずはカレーだ。


b0187142_22151546.jpg

チキンカツカレー
恐るべきボリューム。危うく残すところだった。


今度はラーメン。


b0187142_2217686.jpg


千歳の黒いラーメン屋。
こいつは辛味噌ラーメン。
辛いのが嫌いなくせに、何となく注文しちゃうんだよね。
[PR]
by y-fukuchin | 2011-03-20 22:18 | 日記 | Comments(4)

今さらの新しいツール

今日は4ヶ月ぶりにタイイングしました!


本流の釣りで本格的にチューブフライを使い始めた今から約13年ほど前、

釣り仲間のセンパイ達に勧められて半信半疑で使ってみて、

それ以来すっかり虜になってしまった。


当事、本流アメマス釣りで実績のあるフライとして使われていたのは

ニンフ、ウェット(スペイフライ)のほか、ストリーマー(ベンドバック、サケ稚魚マツーカ)や

スチールヘッドフライなどが多かったと記憶している。


15’#10のダブルハンドを手に入れたとき、

ワクワクしながら35mmのウォディントンにアクアマリンを巻いてみて、

そのあまりの重さに、「コイツはとても投げられないな・・・」と思った。

実際、#10ラインでは「カックンカックン」。ぎぇぇ恐ろしい。


そしてチューブフライへ。

大型フライを使うとき、特にプラスチックチューブはその異常な軽さがもたらす

キャスティング時の安全性と、何より水中におけるフライの動きの良さは

この釣りに対する考え方そのものを一変させた。

それはロングテールになってフライサイズが15cm、20cmとデカくなっても

同様だった。


当事はまだチューブフライのタイイング用にアタッチメントが無かった。
(既に世の中に存在していたかもしれないが、私は知らなかった)

なので、センパイにもらったチューブフライ用のタイイングツールを使って巻いていた。

b0187142_22562610.jpg


ブラインドアイのCS10だ。



今日、新しいツール『チューブ用アタッチメント』を買ってみました。

b0187142_2303512.jpg


クルクル回らないので、余計な時間もくわずにストレス無く巻ける!


13年間、お疲れ様でした。 > CS10
[PR]
by y-fukuchin | 2011-03-08 23:06 | 釣り | Comments(4)

コク辛味噌

職場の近くにあるラーメン屋さんへ。

辛いのはダメなんです。

でも 『コク辛味噌』


b0187142_2141616.jpg



最近、ラーメンブログになってきてるな・・・。
[PR]
by y-fukuchin | 2011-03-01 21:38 | 日記 | Comments(0)