北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

3月に入りテレメーターの数値が気になる毎日。

水温と水位をチェックし、そろそろいい頃だろう。

今朝は朝7時台の水温が3℃前後まで上がっていた。

そして水位は180~190cmと、過去のデータから判断して
そろそろアメマス達にスイッチが入ってくる頃と思う。


そんなんでドキドキしながらポイントに向かった。

川岸に到着すると、風もなく穏やかな川面が一面に広がる。

ポイントの所々に川底の障害物が作り出す渦がハッキリとわかる。


-2Xの先に結ぶフライ。今日はローズマリーロングテール。

存在感と動きがとても良く、絶対の自信を持っているフライの一つ。

川に入って最初5分も経たないうちにいきなりグッドサイズ!
b0187142_2252399.jpg


一発でローズマリーロングテールを食ってきたロクマル。
口の中にシーライスが数匹くっついていた。
b0187142_22522652.jpg


リリースしてから、またすぐ同じポイントにキャストしなおす。

群れで入っていた場合、魚が出た場所付近は連続して出てくることが多い。

案の定、またしてもゴンゴンとひったくるようなアタリ。

この付近で30~40台を3本追加し、そのあとフライを交換。


スティングレイロングテール。
b0187142_22563028.jpg


なぜかこのフライはデカいアメマスを魅了する。71cm
b0187142_22592082.jpg


フッキング直後、首を振った時の振幅が大きいと、とたんに緊張する。
b0187142_22593739.jpg


巨大なアメマスの尾びれ。産卵床を掘った痕だろうか。
b0187142_2325472.jpg



今日という日は

とにかく魚からのコンタクトが多く、どこに投げても釣れるような気がした。


結局15~6本くらい上げた魚のサイズは

30cm台から60cm、70cm台と万遍なくいろいろなサイズが出た。


活性がとても高くなり、釣りやすい季節になってきたのを感じる。

スウィングが終了してリトリーブ中でも食ってくる、

そして30cm台の魚が15~20cmもあるロングテールをバッサリと食ってくるくらいに

フライに対する反応が良いのだ。

夕方の水温は3℃。海からの冷たい風が吹くと釣れなくなるジンクスがある。
b0187142_2393962.jpg


でも春は確実に、そこまでやってきている。
b0187142_23102994.jpg

[PR]
by y-fukuchin | 2014-03-20 23:17 | 釣り | Comments(2)