北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


8/30に道東の斜里岳に登ってきました。
前日の仕事が終わってから夜のうちに4時間半かけて移動し車中泊。
b0187142_16510163.jpg
 
7:45に登山口をスタート。
b0187142_16511456.jpg
 
斜里岳といえば沢や滝で有名。
登山道は沢の両サイドどちらかにあり、ピンクテープの目印を見ながら渡渉が続きます。
b0187142_16500467.jpg
 
まとまった降雨で増水してさえいなければ
普通のトレッキングシューズでも濡れることはありません。
b0187142_16500676.jpg
とにかく沢を何度も何度も渡ります。
「下二股」の分岐。左が旧道で沢沿いコース。右が新道でルートが長い分、沢は無い。
一般的な登り方として、「登りは旧道、下りは新道」。それに倣います。
b0187142_16500663.jpg
 
高度を上げると滝が現れ始めます。
b0187142_16500738.jpg
b0187142_16500760.jpg
b0187142_16500825.jpg
b0187142_16500821.jpg
b0187142_16525466.jpg

濡れた急登の箇所でロープが張ってあるところも。
b0187142_16500994.jpg
b0187142_16530809.jpg
濡れた岩がコケで滑るので注意しながら進みます。
「上二股」の分岐。下山時には新道を選択予定。
b0187142_16533257.jpg
 
「胸突八丁」。急な登りだということですね。
b0187142_16534576.jpg
沢を詰めて、ようやく稜線に到着。
山頂までまだもう少し。ここでガスが濃くなり始めました。
b0187142_16540862.jpg
 
ガスのなか左に見えるピークのもう一つ奥が山頂です。
b0187142_16541412.jpg
 
こんなガレ場もあります。色々とバラエティに富んだルートですね。
b0187142_16542218.jpg
 
これを下ってあのピークが斜里岳の山頂。
b0187142_16542914.jpg
 
あともうちょい。
b0187142_16543487.jpg
 
日本百名山「斜里岳」の山頂へ。
b0187142_17172645.jpg
 
山頂は風が強くて寒かったので、風裏に入って昼食。
しばらく待ちましたがガスが消える気配がないため山頂を後にします。
 
下山時は新道。「熊見峠」までぐるっと回ってから急斜面を降りるルート。
b0187142_16551505.jpg
 
来た道を振り返ると、まだ山頂付近が雲に覆われている・・・。
b0187142_16545560.jpg
 
「熊見峠」に到着。
b0187142_16552617.jpg
あとは一気に下って「下二股」に合流、沢の渡渉を繰り返して登山口へ向かう。
b0187142_17234468.jpg
 
旭川から斜里までは距離が遠いので、
ここまで来たら羅臼岳もいっぺんに登っておきたいな~と思ったが、
また次回の楽しみにしておきます!


[PR]
by y-fukuchin | 2017-08-30 23:40 | 登山 | Comments(0)

8/21にユニ石狩岳に登ってきました。

昨年夏の台風による被害で林道が崩壊し通行止めになっていましたが、8/1に迂回林道が開通されています。
 
b0187142_16025800.jpg
 
林道を進むと音更山~石狩岳の稜線が見えてきます!
b0187142_16060153.jpg
 
ユニ石狩岳の登山口から先、シュナイダーコースまでは進めません。
8:00に登山口をスタート。
綺麗に刈り払いされた緩い傾斜の登山道を進みます。とても歩きやすい!
b0187142_16060213.jpg
 
標高1,136m付近で最後の水場。まだ湧き水が出ていました。
b0187142_16060239.jpg
 
この辺りから急登が始まり、一気に高度を稼ぎます。
ニペソツの鋭い山頂が見える。
b0187142_16060300.jpg
 
美しい東大雪の展望が! 
b0187142_16060324.jpg
 
2時間45分ほどで十石峠に到着。
b0187142_16060492.jpg
 
ユニ石狩岳の山頂まであと1時間ほど。
b0187142_16060684.jpg
 
稜線上に続く縦走路。
この手前に見えるピークの向こうにブヨ沼。そして音更山~石狩岳へと繋がっています。
b0187142_16175276.jpg
 
今日はユニ石狩岳に登るので一旦コルまで下ります。
b0187142_16180188.jpg
 
ユニ石狩岳の山頂直下にはコマクサが。
b0187142_16183820.jpg
 
そこから1時間ほどでユニ石狩岳の山頂。
暑いのでノンアルビールを頂きます!
b0187142_16185170.jpg
 
今度連休があったら泊まりで音更山~石狩岳の縦走をしてみよう。
b0187142_16190364.jpg
 
どこ見ても山、山、山!
b0187142_16192234.jpg
 
2か月ほど前に縦走した場所。ここからみる高根ヶ原って長い!
b0187142_16292303.jpg
 
山頂でアゲハも一緒に休憩中。
b0187142_16191044.jpg
 
山頂では360度のパノラマを楽しみながら、昼食&ビールを頂きました。
1時間ほど滞在して下山。
一気に高度を下げた後は針葉樹と笹の多い平坦なルートを戻ります。
b0187142_16193270.jpg
 
ヒグマさんもちゃんと居ます。糞や爪痕が。
特に見通しが悪いのでクマ鈴は必須ですね。
b0187142_16192732.jpg
 
暑い時期の登山ももうそろそろ終了。
これからは紅葉かな。

[PR]
by y-fukuchin | 2017-08-21 21:54 | 登山 | Comments(0)
数日前にニセイカウシュッペ山に登ってきました。

昨年6/7に登った際に行けなかったアンギラスにも登りたかった。

※林道ゲートのカギ番号を事前に連絡して聞いておく必要あり。

ニセイカウシュッペ山の登山口。山頂まで片道5.5km。
b0187142_22524855.jpg

高度を上げていくと、ここから大雪山系が一望できる!
b0187142_22543854.jpg
森林限界を超える高度になると荒々しい岩山が見えてくる。
b0187142_22551231.jpg
ニセイカウシュッペといえば、独特なこの長~~い稜線!
b0187142_22555069.jpg
山頂が見えてきた。(中央奥)
b0187142_22555545.jpg
右のピークには行かず、トラバースして左奥のニセカウ山頂へ向かう。
b0187142_22560701.jpg
山頂付近から来た道を振り返る。
b0187142_22563152.jpg

ニセイカウシュッペ山の山頂に到着!
b0187142_22585491.jpg
大雪山系が端から端まで見える!一番右は愛別岳。
b0187142_22571622.jpg
左奥にトムラウシ山!
b0187142_23133320.jpg
暑いんで、とりあえず頂きますっ!もちろんノンアルです。
b0187142_22575864.jpg
ニセイカウシュッペ山の隣にそびえるアンギラス。
見るからに険しそう・・・。
b0187142_22563509.jpg
行きます!
b0187142_22593120.jpg
なかなかのルートです。ハイマツ地獄と岩山のミックス。
b0187142_22594050.jpg
そしてアンギラス山頂に到着!
このわずかなスペースしかありません。
b0187142_23014145.jpg

来た道を振り返る。右奥がニセイカウシュッペ。
b0187142_23013108.jpg
日高の稜線歩きのようなハイマツ漕ぎがあり、上下ウェアもザックも両手も松ヤニでベトベト・・・。
日焼けが痛いっす。
b0187142_23014501.jpg


[PR]
by y-fukuchin | 2017-08-11 23:23 | 登山 | Comments(0)
先日、泊まりで黒岳に行ってきました。

テン泊縦走中は食事も軽量化を最優先させるため
アルファ米やインスタントラーメンなどの炭水化物ばかりで貧弱になっていました。

今回はとにかく「食事と飲み物の充実」をテーマに
食事で野菜&肉&お酒を堪能する登山に行ってきました♪

ここからは写真の羅列でいきます。

マネキ岩
b0187142_22250579.jpg
b0187142_22252719.jpg
黒岳山頂から少し下った辺りから見えるルートと石室
b0187142_22254830.jpg
黒岳石室
b0187142_22260242.jpg
b0187142_22262451.jpg
コマクサ
b0187142_22263755.jpg
チングルマはもう綿毛
b0187142_22264508.jpg
b0187142_22265618.jpg
b0187142_22271328.jpg
b0187142_22273558.jpg
お鉢平の中にいるヒグマ
b0187142_22275096.jpg
b0187142_22282846.jpg
北鎮岳手前の斜面にいたヒグマ。数十m離れた場所にもう1頭。
b0187142_22281383.jpg
夕食はキムチ鍋♪
b0187142_22283506.jpg
食べきれない分は朝飯に回ります。
b0187142_22284862.jpg
夜明け前。
b0187142_22291301.jpg
白雲岳のモルゲンロート。
b0187142_22294186.jpg

b0187142_22300292.jpg
雲海からのご来光!右は黒岳山頂。
b0187142_22301162.jpg
またヒグマ!
b0187142_22303022.jpg
別の個体。雪渓でウ〇コしてる・・・。
b0187142_22304564.jpg

高山植物は良くわからない

b0187142_22310446.jpg

b0187142_22311131.jpg
b0187142_22311644.jpg
25kgザックを担いだ甲斐あって、食事も居住スペースも充実!
天候にも恵まれてサイコーでした。



[PR]
by y-fukuchin | 2017-08-11 22:51 | 登山 | Comments(0)