北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

3泊4日沖縄へ

突然ですが、沖縄に行ってきました。

オリオンビール
b0187142_20125432.jpg


サーターアンダギー。さんぴん茶が良く合う!
b0187142_20131794.jpg


琉球村
b0187142_20134525.jpg


沖縄といえばハブ!
b0187142_20142353.jpg


ルートビア 湿布を飲んでいるみたいな味・・・。
b0187142_20144086.jpg


美ら海水族館~♪
b0187142_2015175.jpg


b0187142_20155659.jpg


b0187142_20172315.jpg


b0187142_20174298.jpg


クルーザーで初めての海釣り!
b0187142_201878.jpg


b0187142_20182155.jpg


ホテル裏にあったジャッキーステーキハウス
b0187142_20184637.jpg


夕食直後、22時からこれ・・・。(^^;)
b0187142_20191153.jpg


最終日は国際通りの市場でパイナップル。
味見した「島らっきょう」が最高美味くて、自分用に買ってきた!(^^)
b0187142_20195797.jpg

[PR]
# by y-fukuchin | 2016-02-05 20:11 | 日記 | Comments(0)
連休二日目。

昨日のスキーで疲れていたので、

雪中キャンプで体を癒しにきました。

 
とりあえず雪をかき集めて雪山を作る。

今晩の寝床として使うので、

途中で上の乗ってしっかり踏み固めながら圧雪。
b0187142_23163073.jpg


入口は小さめにして、中を空洞にしていく作業。
b0187142_23173537.jpg


中をくり抜いている作業中に「ギシッ・・」という音が何度か。

崩落せずに寝床が出来上がった。完成まで約2時間。
b0187142_2321289.jpg


明日朝の最低気温は-10℃くらいの予報。

雪の上に銀マットを2枚重ねて下からの冷気を遮断。

快適に過ごせるかどうかはシュラフの性能によるところが大きい。

持っている冬用のダウンシュラフ2個のうちの一つ。
「ISUKA Super Denali(イスカ スーパーデナリ)」

720FPのグースダウンを1,100gも使った厳冬期用で最低使用温度は-30℃。
b0187142_2329889.jpg

LEDライトを点けると、かまくらの内部が真っ白に輝く。

夜中に崩落して生き埋めになったら恐いので、

寝られる最低限のスペースしか作らなかった。
b0187142_23323185.jpg


これ以上大きくも小さくもしづらい入口。まぁベンチレーションは十分です。
お酒飲んでおやすみなさい・・・。
b0187142_23311788.jpg

風が無いだけで体感温度が全然違うもんだな。


朝7時、パチっと目が覚めた。

シュラフの口元が凍ってた。
b0187142_2336617.jpg

呼気に含まれる湿気が凍ってしまったらしい。

オーバースペックといえるくらいのシュラフなので、

目が覚めた時にちょっと暑く感じるくらいだった。
b0187142_2339121.jpg


気づいたことが一つ。
昨夜寝たときより、天井が明らかに低くなっていますね。


次はもう一つのシュラフを試してみよう。夜は鍋にしようかな。
[PR]
# by y-fukuchin | 2016-01-21 23:43 | 日記 | Comments(0)
連休です!

が・・・・大型の低気圧が日本列島を襲い、北海道も暴風雪!

そんななか初日は長期連休中で旭川方面にスキーをやりに来た

上級者の知人と一緒にスキーへ。

とりあえずカムイスキーリンクスへ。

b0187142_22543386.jpg


1人じゃ絶対に行かないようなコースを連れまわされて、

付いていくのに四苦八苦、何度か転げ回る。
 
ちょっ・・・そんなスピード無理っす!!
b0187142_22572769.jpg

 
b0187142_22575367.jpg

 
b0187142_22581487.jpg


b0187142_231681.jpg


b0187142_2314132.jpg

 
b0187142_232274.jpg

 
b0187142_2322993.jpg

 
b0187142_2335585.jpg


昼前から高校のスキー学習が3校ほどあって賑やかになってきました。

途中、頂上付近の風速が17m/sと強くなって

第5リフトが止まったりもしましたが、

それ以外は特に問題もなく5時間フルに使いきって終了。

 
足がそろそろ限界を迎えていた最後、

スピードに乗ったまま知らずに「ゴールド2」コースへ。

超長いガリガリの30度の斜面!!!

ホント無事で良かった。。。

よし乃の味噌バターで締めました。
b0187142_23112557.jpg

[PR]
# by y-fukuchin | 2016-01-19 23:12 | スキー | Comments(0)
2016年最初のスキーは1/14にキャンモアスキービレッジへ。

色々あってちょっと遅くなりました。

b0187142_231560.jpg


まだ冬休み中で16:30からのナイターの利用者も、時間の経過とともに増えます。

b0187142_235719.jpg


雪が降ったり止んだり。

雪の日はゴーグルの曇り止めを使っても、内側が曇ったり凍ったり・・・。
b0187142_252441.jpg


途中にコーヒータイムを入れながら3時間半ほど滑ってきました!
b0187142_265516.jpg


b0187142_271771.jpg


滑り終わったあとは、キトウシ温泉にGO!

シーズン券購入時に入浴無料券を3枚ももらったので使ってみました。

21:30まで受け付けなので、ナイター終了後でもゆっくり入れるのが嬉しい!
[PR]
# by y-fukuchin | 2016-01-14 22:00 | スキー | Comments(0)
1/6~1/8まで、家族で『Disney Resort』に行ってきました!

3日間の日程なので「3デーマジックパスポート」にして、

初日はディズニーランド

2日目はディズニーシー

3日目はその時の気分で行きたい方に行く・・・という予定。

家族全員で行くのは最初で最後かな?と思い、

宿泊先は奮発してDisneyオフィシャルホテルの

『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル』に決定♪


家族の誰かがインフルや風邪など体調不良で

行けなくなるのが一番怖かったけど、大丈夫でした!


1/6の朝8時に帯広の自宅を出発し、

帯広空港から9:30のJALで羽田へ。

そこからマジカルファンタジー号に乗って直接Disney Resortへ。

正午過ぎに着きました。初日はディズニーランドへ。


さっそくミッキーが!!
b0187142_0322739.jpg

他のキャラクターとも一緒に写真を撮らせてもらいました。

マリーちゃん、チップ、子豚さん、名前が良くわからないキャラ・・・。


シンデレラ城を背景にウォルト・ディズニー&ミッキー
b0187142_0304378.jpg



ディズニーといえば、乗り物やアトラクションが面白いイメージでしたが、

個人的に今回一番良かったのはパレード「ハピネス イズ ヒア」でした。

夜の雰囲気もとても素晴らしい~~~。
b0187142_035123.jpg


夜の『エレクトリカルパレード』も凄い!


2日目はディズニーシーへ。
b0187142_0442816.jpg


20:00からの『ファンタズミック』ショーはとても幻想的!

風の影響で水しぶきが飛んできた~~。


最終日は再びランドへ。

「リトルグリーンまん」
b0187142_0461734.jpg

3個とも中身が違い、どれも美味しい!!

再び14時からのパレード「ハピネス イズ ヒア」を

見てディズニーを後にしました。


20:30に帯広の自宅に家族を送り届け、

それから一人で旭川へ。

24:00に無事到着。


サイコー!!行って良かった~~!!
[PR]
# by y-fukuchin | 2016-01-09 00:22 | 家族 | Comments(0)
2015-16のシーズン券を購入した

「キャンモアスキービレッジ」の初ナイターへ♪

旭川市内から東川町に向かって走るとこの景色!たまりません。。。
b0187142_2324593.jpg


スカイブルーと真っ白な旭岳とのコントラストが綺麗!

そして山が近く見える!まぁ、近いことは近いんだけど。

b0187142_23254633.jpg

冬休みに入ったこともあって、ナイターの時間でも人が多いです。

b0187142_23272549.jpg


遠くの山に日が沈み、

ナイター照明が点くこの時間の景色がとても好きです。
b0187142_2334105.jpg


遠くに見えるオレンジ色の帯は「サンタプレゼントパーク」のスキー場。
b0187142_23301284.jpg


2日前に行ったぴっぷスキー場で4時間ちょっと滑って、

今日あたりが太ももの筋肉痛がピーク。

まぁ3時間弱くらいで許して頂こうか・・・。

また正月明けに!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-12-30 23:22 | スキー | Comments(0)

スキー ぴっぷスキー場

シーズン券(ナイター)を買ったスキ-場が

まだナイター営業をオープンしていないので、

ぴっぷスキー場に行ってきました。

11:00に到着。
b0187142_19261856.jpg

月曜日は「メンズデー」だそうで、一日券が超安い!
b0187142_1930493.jpg

ようやく全リフトが運行している。

b0187142_19335634.jpg


28日は日中の気温が-8℃で強風!

前半はずっと吹雪。。。
b0187142_19351233.jpg


コース上には雪が圧雪されていない深いところがけっこう多い。

深雪用のファットを持っていないけど、

浮力が得られる感じが面白いみたい。

酷い吹雪も途中から雪が止み、強風で時々リフトが止まる。

頂上まで約9分。リフトが止まると何故か寒く感じる。

b0187142_19391346.jpg


b0187142_19424986.jpg


b0187142_19433734.jpg


1,800~2,000mのコースを

16:00まで30分ほどのコーヒータイムを挟んでエンドレスで滑り、

太ももがジ・エンド。

リフトも終了。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-12-28 19:23 | スキー | Comments(0)
近所のスキー場へナイターに行ってきました。

気温が高くて、雨から雪に変わるくらい・・・。
b0187142_19181353.jpg

圧雪されたゲレンデはしっかりと締まっていて、

練習するにはとても良い感じ。
b0187142_19193316.jpg

ナイターは絶対的な照度は低いけど、

照明が横から照らされるので雪面の凹凸が見やすい!
b0187142_19211073.jpg

途中から吹雪に・・・。

16:00のスタートから20:30まで

30分ほどの休憩を挟んで楽しみました。

太ももがヤバイ・・・。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-12-21 22:13 | スキー | Comments(0)
ようやくまともな積雪がありスキー場がオープン。

2015-16シーズンのスタートは「カムイスキーリンクス」へ。
b0187142_22291177.jpg

昨年は一度も行かなかったので、早く行ってみたいと思っていた。

b0187142_2230784.jpg

まだ積雪不足のため、滑れるのは頂上付近のみだった。

b0187142_22312143.jpg

ゴンドラで頂上まで行って、オープンしているコースを滑ってリフトで頂上まで戻る。
これを3時間ひたすら繰り返す!

b0187142_22323811.jpg

最初は吹雪で酷かった・・・。
雪質はパウダーで良かったけど。

b0187142_22332796.jpg

昨年履いていたブーツが柔らかく感じ、今シーズンはブーツを変更。
フレックス90のHEADを買ってみた。いい感じ♪

b0187142_22345828.jpg

途中から晴れて超キモチいい!!

3時間で太ももとふくらはぎがご臨終・・・。

キャンモアのシーズン券を買ったので、楽しみなシーズンです!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-12-07 22:25 | スキー | Comments(0)
秋の猿払へ。

気温が高く、まだ水温が下がりきっていない状況で

春のようなボイルがほとんど見られない・・・。

b0187142_1939153.jpg


ロッドは CAPRAS SPACESHOOTER 1712D 17ft #12 

ラインはDST-12のタイプ2 12.5mカット。
b0187142_194111100.jpg


フライはフラッシュボーンミノー
b0187142_19441225.jpg


ドキドキする大型のボイル
b0187142_19471818.jpg


川に入って30分ほどで最初の1本。
b0187142_19512849.jpg


サイズは70台。
b0187142_19524818.jpg


幸先よく1本上げたあとは

静かな時間が流れて夕方まで何も起こらず。

夕暮れの景色が秋を感じさせます。
b0187142_19542978.jpg


気づくと美しい月が浮かんでいました。
b0187142_19553784.jpg


また来ます!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-10-20 19:34 | 釣り | Comments(0)
大雪山系は9月中旬に初雪が降り、山頂付近はもう雪景色。

今年最後の登山ということで黒岳に登ってきました。

10月7日朝6時前に家を出て上川方面へ。

層雲峡に近づいてくると大雪山系が見えてきます。うわ真っ白!!
b0187142_2013368.jpg


これ、山頂まで行けるの???

ま、それなりの装備もあるし、とりあえず行けるところまで行くことにします。

7時、層雲峡温泉街に到着!

今回は黒岳をゆっくり堪能するのでロープウェイもリフトも使いません。

黒岳の登山道へのアプローチは

ロープウェイ乗り場の川を渡った林道を200mほど進んだところにあります。
b0187142_2042011.jpg


この深い森の微妙~に谷っぽいルートを蛇行しながら登っていきます。
b0187142_20134569.jpg


スタートは登山道っぽくない急勾配。

先日の激しい嵐の影響でしょうか。所々で樹木が折れて倒れたり、太い枝が折れていたり。

何より倒れている下草が多くて、登山道だか何だか分からなくなっている・・・。
b0187142_2022434.jpg


ケータイアプリ『GEOGRAPHICA』を使ってルートを確認しながら登り続けます。

登り始めて数100mほど進んだ地点でコレを発見!
b0187142_20191788.jpg


鈴は鳴らしながら進んでいるけど、こういう時に限って熊スプレーを忘れている・・・。

まぁいいや。進みます。

しばらく登り続けてようやくロープウェイ終着地『黒岳駅』が見えてきた。
b0187142_2026711.jpg


寒さ対策で上下フリースにレインウェアなので、かなり体力消耗!

途中で暑すぎて脱いだ。


さて、『黒岳駅』に到着。
b0187142_20294210.jpg


ここからリフト乗り場まで数100m歩きます。黒岳がきれい!
b0187142_20305616.jpg


リフト乗り場の手前右側に黒岳登山道があります。
b0187142_20321154.jpg


このルートは勾配が緩く、体力を回復させながら歩く。景色もいい!
b0187142_20371139.jpg


6合目辺りから雪が多くなってきました。
b0187142_20355142.jpg


7合目付近の登山事務所で入山届を記入。

山頂付近の登山道は40~50cmの積雪とのこと。

ここから約1時間で山頂。もちろん行きます!
b0187142_20442511.jpg


だんだん雪が深くなります。マネキ岩が見えてきたから、あともう少し!
b0187142_2045257.jpg


けっこう深いんですね・・・。
b0187142_20465467.jpg


ようやく黒岳山頂に到達!
b0187142_20482918.jpg


甘いものと熱いコーヒー。シアワセです。
b0187142_20495654.jpg


b0187142_2123078.jpg


山頂は寒かったですが、ずっと見たくて1時間半もいました。

帰りも層雲峡温泉街までずっと歩き、2時間で到着。

疲れた体を癒すため、層雲峡温泉『黒岳の湯』に入ってきました~。
b0187142_20562480.jpg



また来年来ます!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-10-07 20:56 | 登山 | Comments(2)
北海道大雪山系では9月中旬に初雪を観測し、

快適な登山ができる期間も残りあと僅か。

紅葉が美しい季節ということもあり、旭岳に登ってきました!


前日夜は盛り上がっているラグビーのワールドカップを見てしまい、

4時間ほどの睡眠で5時に起床。

前回8/12の旭岳登頂時はくもりの天候で

頂上は濃い霧に包まれて絶景は見れませんでした。

が、今日の天候は晴れ!行くしかないでしょ。


車を走らせて東川町の旭岳温泉街に到着し、7時より登頂開始!

今回はロープウェイを使わずに、自力で下から登ってみます。

北海道新聞社発行の『夏山ガイド②』によれば、

ロープウェイ無しのコースタイムは
登り:4時間20分、下り:2時間50分、往復:7時間10分とのこと。

目指す旭岳の山頂が遙か遠くにかすんで見えている。マジすか・・・。これホントに歩くの??
b0187142_12494835.jpg


『天女ヶ原』と呼ばれる平坦な湿地帯には木道が設置されている。

この木道が無いと、相当な確率で登山道を見失うでしょう・・・。
b0187142_125237.jpg


今回、日帰り登山用のザックを新調。Mont・bellの25L。
b0187142_1304429.jpg


重量は7kg。(地図、水、食料、レインウェア上下、防寒用の薄手のフリース、カメラ、ヘッドライト等)

とにかく歩きます。

まだ誰も通過していないようで、クモの巣がやたらと顔や手に掛かります。

途中、景色や花の写真を撮ることも楽しい。
b0187142_1335894.jpg


登山道は狭く、湿地帯を抜けて進むにつれて勾配がきつくなっていきます。
b0187142_1352286.jpg


標高が高いため早朝の体感温度は低く、寒さ対策で長袖を着ていった。

が、歩き始めるとあまりの暑さですぐ半袖になりました。

細かく温度調整し、無駄に汗をかかない事も大切。

美しい紅葉の向こうに旭岳がくっきりと見えてきました。
b0187142_13114620.jpg


ロープウェイの終着地である姿見まで、もうあと僅かのところまで来ていることを実感します。

スタートから1時間30分ほどで姿見に到着!
b0187142_131625.jpg


ここから『姿見の池』がある『旭岳石室』まで15分~20分ほど。

旭岳石室の中。緊急時以外の宿泊はできない。
b0187142_134134100.jpg


このカットは超有名ですね。(山頂は左側ではなく、右側)
b0187142_13194370.jpg



ここからは音を立てて噴煙が上がる地獄谷を左手に見ながら、

小石や岩の多い稜線を登っていきます。

この時期限定。紅葉と緑とのコントラスト。
b0187142_13272081.jpg


方向を見失いやすい岩場には、このような黄色のペイントで登山ルートの目印があります。
b0187142_13284466.jpg


ようやく8合目。姿見の池から見ると、山頂が近く見えるけど・・・。
b0187142_13311198.jpg


遙か遠くに見える忠別ダム。手前に見えるのは旭岳温泉街。
b0187142_1333843.jpg


旭岳ロープウェイの駐車場は8割ほど埋まっていたのに登山道では誰にも会わなかった。

観光客の多くはロープウェイで姿見駅まで行って、それから姿見の池を散策する。

この写真をみて実感。
b0187142_13353891.jpg


登り始めてから3時間30分経った10:30。ようやく旭岳(2290.9m)に登頂!
b0187142_13393954.jpg


今回は晴れていたので、360度のパノラマを堪能してきました!

8/24に御鉢平一周したときのコースも確認できた。

右の山は北海道2番目の高峰『北鎮岳(2,244m)』。
b0187142_13451470.jpg


望遠レンズで黒岳(1,984m)を撮影。
b0187142_13475229.jpg

山頂にいる登山者や、雲ノ平を歩く登山者を確認できる。

携帯アプリ『GEOGRAPHICA(ジオグラフィカ)』
b0187142_13515377.jpg

電波のある場所で自分が行きたい場所(登山ルート)を事前に表示させておけば、

電波の無い場所に行ってもキャッシュを読み込んで地図が表示される!

地図、登山ルート、方角、高度などが表示される。

同じく携帯アプリ『ALTIMETER』
b0187142_1357538.jpg

高度、方角、気温、風、日の出日の入り、GPS座標が表示される。

旭岳山頂で使ってみたところ、けっこう精度が高い。

 
さて。

山頂に到着後、撮影を行ってからお昼ごはんを食べていたところ、

5分も経たないうちに急激に寒くなってきた!

山頂は冷たい風が吹き抜けており、汗をかいた体を急激に冷やしたのだ。

もちろん気温も低い。

標高が上がると気温が下がり、100m上がる毎に0.6℃下がるといわれる。

標高134mにある旭川市の自宅は朝6時で18℃だった。

旭岳(2,290m)との標高差は2,156mで気温が約13℃下がるから、

単純計算で6時の山頂の気温は5℃ということになる。

また、風速1mで体感温度は1℃下がるといわれる。

だから、特に標高が高い場所では風をシャットアウトする

レインウェアやフリースなどの防寒対策が欠かせない。


山頂で30分ほど滞在し、11:00に下山を開始。

小石が多くて勾配がきつい場所は特に注意しながら下る。

石室で小休止し、姿見駅手前の分岐で登山道へ。

帰りも紅葉を満喫しながら歩く。
b0187142_1428188.jpg


13:00。無事に旭岳温泉に到着。

コースタイムは、登り:3時間30分、下り:2時間、合計5時間30分。

標高差1,195mの感覚が大体分かった。

水分は2L持っていって、約1.5L消費。1時間あたり250ml。


楽しい時間はあっという間で、旭岳を後にしました。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-09-24 22:35 | 登山 | Comments(2)

2015HCK秋季恵庭競技会

HCK(北海道キャスティングクラブ)主催のキャスティング競技会は

恵庭大会が2015年最後の大会。

大会当日は朝から雨。

選手はウェーダーに長靴にと雨対策バッチリ。

開会式のあと、早速競技にうつります。


◆EV-4(スピニング正確度)
湊さんが自己記録更新となる60ポイントで優勝!
b0187142_06240.jpg

2位に高橋さん

3位に宮本さん


◆EV-1(フライ正確度)
b0187142_084364.jpg

集中力が必要な正確度競技。

最初の3番ターゲットを外して早々にパーフェクトが消える。

2順目の3番も外してしまう。。。

ウェットラウンドはパーフェクトで終了するも85ポイントで終了・・・。

優勝は90ポイントできょろさん。
b0187142_0133134.jpg

2位は85ポイントの私。

3位に75ポイントの川村さん。


◆EV-2(フライ片手投げ距離)
雨天時のディスタンス競技は記録が望めない。

滑る投擲台。

滑るホールディングライン。

濡れたランニングラインがくっついて抵抗になる。

そして何より湿度の高い空気は重たい!
b0187142_0243744.jpg

それもあまり関係なく飛ばした千葉さんが57.05mで優勝!
b0187142_0413479.jpg

2位は52.82mで私。

3位は50.98mで古川さん。

初出場の北野選手。この悪条件でいきなり48mオーバー!?
b0187142_111819.jpg



◆EV-6(フライ両手投げ距離)
雨で滑るといえばこの種目が一番滑る!

エアフロ社のT-120 オレンジラインというラインを使うこの競技。

私はホールディングラインにSAWADAのフラットビームスーパー35LBを

使っています。扁平でラインをしっかり押さえやすく、

伸びが少ないなどホールディングラインにうってつけ。

それでも雨天時には「ジュッ!」って滑ってしまうことも多々。

優勝は71.11mで古川さん。
b0187142_0354929.jpg


2位は69.44mで千葉さん

3位は66.20mで私。


昼食をとって午後から『フライキャスティングカテゴリー』の種目




◆サーモンディスタンス

実際の釣りで使う道具が基本となる『フライキャスティングカテゴリー』。

サーモンディスタンス種目は55g以下のフローティングラインで飛距離を競う種目。

イメージ的には#12~#13のダブルハンドロッドで

長いフローティングのシューティングヘッドを振るような感じです。

優勝は50.51mで川村さん。
b0187142_0574273.jpg

2位は46.38mで千葉さん。

3位は46.16mで宮本さん。
b0187142_161433.jpg


江別から出場の林選手も綺麗にロッド曲げて飛ばしていました。
b0187142_12588.jpg




◆トラウトディスタンス

トラウトディスタンス種目は#5のフローティングラインで飛距離を競う種目。

ラインは3M社 エキスパートディスタンス #5 オレンジ。調整は一切不可。

ロッドは9ft以下であれば、#5でも#6でも#7でも何でもOK!

フォルスキャスト時のライン長(ライン重量)に合わせて番手を決めることになります。

優勝は34.08mで川村さん。
b0187142_143815.jpg

b0187142_0521626.jpg

2位は33.08mで私。

3位は32.59mで千葉さん。

レフティ高橋さん
b0187142_151645.jpg



集合写真
b0187142_0592250.jpg


大会終了後のいつもの時間
b0187142_181975.jpg



また芝生の上で楽しく投げっこしましょう!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-09-13 23:51 | キャスティング | Comments(0)

マクロの世界

先日、カメラが壊れてしまい買い替えました。

今までコンデジを使い続けてきたんですが、

ネオ一眼ってヤツに変えてからカメラが面白くなりました!


光学50倍の望遠や1cmマクロ機能まであるので、

これまで見ることができなかった世界が突然現れた感じで

色々と撮影しています。

旭岳の花。実物はとんでもなく小さい花なのに・・・。
b0187142_22252428.jpg


ルリボシカミキリ
b0187142_22271546.jpg

b0187142_22274655.jpg


コエゾゼミ
b0187142_22283716.jpg


クロアリ
b0187142_2229326.jpg


トンボ
b0187142_22293981.jpg


楽しみが増えました!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-08-31 22:30 | 日記 | Comments(0)
今年2回目の登山へ。

天候に恵まれ、大雪山系黒岳(1,984m)に登ってきました。

6:00に層雲峡温泉街に到着。

チケットを購入し、ロープウェイに乗って登山口へ向かいます。
b0187142_21104746.jpg


ロープウェイを降りて200mほど歩くとリフト乗り場があり、黒岳の頂きが見える!
b0187142_21132248.jpg


7:00、入山届に記入してから登頂開始。

登り始めの景色。
早朝は気温9℃と肌寒いので、長袖を着ていきます。
b0187142_21155721.jpg


登り始めは勾配がきつく、どんどん高度が上がっていきます。

8合目で一旦休憩を入れて、ここから一気に山頂を目指す。

既に足元には雲海が広がります!
b0187142_21175611.jpg


通称『マネキ岩』。これが見えてきたら頂上が近い。
b0187142_21223741.jpg


登り始めてから1時間弱で登頂!どの方角を見ても絶景!素晴らしい!
b0187142_21233187.jpg


時計を見るとまだ8時。

余裕があれば北鎮岳まで足を延ばしてみたいと思っていた。

この好天のチャンス。まだ見たことのない景色を見たくなった。

よし、行こう。
b0187142_21271892.jpg


20分ほど歩いて黒岳石室へ。数少ないキャンプ地やトイレがある場所。

『バイオトイレ』を利用してみた。200円募金。
b0187142_22531026.jpg


ここから桂月岳に足を延ばしてみた。

桂月岳(1,938m)登頂。
b0187142_21401255.jpg

b0187142_2252371.jpg


中腹のガレ場でシマリスが迎えてくれました。
b0187142_21379100.jpg


ここから見える黒岳石室。
b0187142_21423498.jpg


石室まで戻ってから更に奥地へ。

開けて比較的平坦な『雲ノ平』を通過。

右前方には目指す北海道2番目の高峰である北鎮岳が見える!
b0187142_21464530.jpg


御鉢平の展望台に近づき、歩いてきた道を振り返ってみる。
雲ノ平の奥に黒岳が見える。
b0187142_21493310.jpg


そして有毒温泉があって立入禁止となっている『御鉢平』に到着。
b0187142_21515454.jpg

生命感の無い不思議なエリア。

さらに登り続け、北鎮岳への分岐に到着。あともうちょっと。
b0187142_21582758.jpg



もうひとつの目的だった北鎮岳(2,244m)に登頂!
b0187142_2219113.jpg

絶景をおかずにゆっくり昼食を摂ります。

北鎮岳分岐からその先に旭岳が見える。
b0187142_2255645.jpg

少し前に全然違う場所から登ったのにこんなに近くにあるのが変な感じ。

まだ体力的にも時間的にも水も食料も余裕がある。

再度地図を確認してみる。

このまま黒岳に戻るのはあまりにももったいないな。

よし、御鉢平を一周してみよう!

そうと決めたらさっさと行こう。

途中、中岳(2,113m)を経由して間宮岳(2,185m)へ到着。
b0187142_2254289.jpg


ここは旭岳との分岐。
b0187142_222543100.jpg


さらに松田岳(2,136m)を経由して北海岳へ向かって歩き続けます。

北海岳(2,149m)到着。
b0187142_22273640.jpg

トムラウシ山縦走する登山者はこの分岐点を白雲岳方面へ。
b0187142_22344477.jpg

いつか旭岳~トムラウシ山の縦走をやってみたい。

自分は黒岳石室に向かうルートを行きます。
ここから長い下りをひたすら歩いて北海沢を渡る。
b0187142_22312329.jpg

さらに赤石川を渡る。
b0187142_22351422.jpg


これ渡ってしばらく歩くと最初の黒岳石室の分岐点に到着。
b0187142_22544071.jpg


黒岳に向かう。
b0187142_22364164.jpg

幸運にも黒岳のガレ場でナキウサギを見ました。

そして黒岳山頂に戻ってきました。
b0187142_22381234.jpg

注意して下山し、無事にリフト乗り場へ。

結局、8時間ほどかけて黒岳~御鉢平1周コース~黒岳を制覇。
b0187142_22483878.jpg

途中登れる山は欲張って全部登ってきました。

今度は紅葉の綺麗な時期にまた来ます!
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-08-24 21:06 | 登山 | Comments(2)
今年から本格的に登山をやってみたいな~と思って、

『夏山ガイド』を買って何度も何度も読んでいました。
b0187142_22582470.jpg


トレッキングシューズは旭川市忠和にある秀岳荘で実際に履いて

フィッティングしてみて自分の足に合ったものを準備。
b0187142_230552.jpg



そして、8月12日。

朝6:00に旭岳ロープウェイに到着しチケットを購入。
b0187142_2323348.jpg

b0187142_234727.jpg


いよいよ乗りますよ・・・ドキドキ。
b0187142_2333135.jpg


姿見駅に到着し、登山開始!

晴れていて旭岳が綺麗に見える!
b0187142_2362812.jpg


少し歩くと『姿見の池』に到着。
b0187142_2371196.jpg


旭岳が活火山であることを認識する噴煙。
b0187142_2381176.jpg


b0187142_2317680.jpg


稜線上を歩く登山者の影が霧のなかに映し出される。
b0187142_2312865.jpg


頂上が近いことを示す通称『金庫岩』
b0187142_23133083.jpg


朝露がかかった綺麗な花
b0187142_23145287.jpg


頂上にさしかかって濃い霧に包まれてきた。
b0187142_23163675.jpg


そして登頂!所要時間は2時間弱ほど。
b0187142_23153110.jpg


その先に続く道があるけど、まだまだ
b0187142_23181350.jpg


下りは1時間ほどで下山。降りたと同時に雷雨でした。。。

おまけ。
b0187142_2319556.jpg

履きならしをせずに使ったらこうなる・・・の図。

2015年は自分の登山元年。

スタートの旭岳は頂上が霧で包まれていて感激の絶景・・・
とまではいきませんでしたが、十分に楽しかった!

すぐにまた行きたくなりました。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-08-12 22:56 | 登山 | Comments(0)
避暑地を求めて石狩川水系の支流を目指して車を走らせました。

今日は自分が持っている中で一番柔らかいロッドを1本だけ持って行った。

『ORVIS Superfine TIPPET 7'6" #3』
b0187142_22112728.jpg


20年前の学生時代に初めて買った海外ブランド『オービス』。

自重わずか42g!という非常に繊細なフライロッドはドライフライの釣りを

すこぶる楽しくさせてくれる。

でも普段はこれと相対するシャープな性質を持つSAGE 389LLの出番が多い。

常に大型ニジマスの可能性があるため。

リールは同じORVIS社のCFO1。限定のオリーブカラーモデル。


リーダーは6Xで、フライは夏の釣りに抜群の実績があるエルクBee。
b0187142_22182226.jpg



初めてフライフィッシングをやる同行者と一緒にポイントに入り、

キャスティングのやり方やら、あれこれとレクチャーしながら釣りを開始。

素晴らしいセンスの持ち主ですぐに理解してくれた彼は、

ドライフライフィッシングで見事にニジマスを釣り上げてくれた!


ホッと一安心し、先行する彼の後に付いていきながらロッドを振ることにした。

今日は弾数(フライの数)はいっぱい準備してあったので、

かなりテクニカルなボサ下のシビアなポイントにも果敢にチャレンジ。

流れていくフライをゆっくりと飲み込む大型の影!やっぱり居た!!


当然ながらバッキングまであっという間に出されてしまい、

6Xにしたことを後悔しながら追いかける。
b0187142_22293696.jpg

柔らかい#3ロッドで、しかもフレックス値が小さいことで

細いティペットを切らさずに上手くやりとりできていたのか。

暑さのなか、しばらくのやりとりで人間もサカナもヘトヘトになり無事ランディング!
b0187142_2233053.jpg

最高のコンディションでパンパンになった魚体のパワー恐るべし!

リールに50mしか巻いてないバッキングのことを考えると、

本流でなくて良かったと思う・・・。

こんな素晴らしいプロポーションのニジマス様に出会えたことに感謝!


今日がフライフィッシングデビュー戦となった同行者は

4本ものニジマスやイワナを釣り上げてくれた!

また、同じくらいの数のバラシもあり、

非常に楽しめた彼はフライの魅力にハマっていくに違いありません。


出番がとても少なくても良い仕事をしてくれる

ORVIS スーパーファイン TIPPETの性能を見直しました。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-07-31 22:04 | 釣り | Comments(0)
2015HCK北海道オープンキャスティング競技会

7/18・7/19に旭川市の「カムイの杜運動公園」にて開催。
当日は雨天予報でしたが、朝には雨がやんで一日快晴!058.gif

今年の芝は緑の絨毯と表現できるくらいにとても良い状態!
b0187142_1117145.jpg


帯広大会に続き、釣り雑誌「FLYFISHER」、「North Anglers」の取材があり、
参加選手達は自然と気合が入ります!066.gif

7/19のフライ種目の様子をお伝えします。

◆第1種目(フライ正確度)◆
投擲台は1台。

静寂のなか選手の投擲に全員の視線が集まり、緊張感溢れる瞬間。

会場の特性上、微風が巻いて難しいコンディション。
b0187142_11243198.jpg


私の投擲順は4番目。

投擲台に上がり、右足の位置を確認。

試技前に出せるフライライン(T-38)の長さは

「ロッドの長さを超えてはならない」というルールがあり、

ラインの長さを主審に見せてフライを手に持った状態からスタート。


まずはフォルスキャストしながら狙う『ドライフライラウンド』で、

一番最初に狙うターゲットは5個のターゲットの真ん中である3番ターゲット。

3番ターゲットまでの長さがその後全ての基準となる。

その第1投目。


いきなり外す・・・。008.gif

これでパーフェクトは消えた。014.gif

メジャーリングのミスなのか、左右に外したのかをすぐ判断。

外した3番に続いて1番、4番、2番、5番。全てヒット。


ドライラウンド2順目。今度は3-1-4-2-5と全てヒット。006.gif

ドライフライラウンドが終了し、ここまで1ミス。


続いてフォルスキャスト無しで一発で狙う『ウェットフライラウンド』へ。

このとき風はほぼ無風と良い条件。

今度は1-2-3-4-5の順番で狙い、良い感覚で全てヒット。

ウェットラウンド2順目。これも気持ちが切れずに全てヒットし、

TOTALでは一番最初のミスの後はパーフェクトで、95点で終了。


◆フライ正確度の結果

第3位は85ポイントを記録した川村さん。

試技の直前練習ではパーフェクトだったのです・・・。

第2位は90ポイントで実力者の武田君。

優勝は95ポイントで私が頂きました。


◆第2種目(フライ片手投げ距離◆
旭川大会で使用するカムイの杜運動公園は

地形の関係で風が巻き、コート設定にいつも頭を悩ませる。

現在の風と、風予報も考慮しながら2面のコートを設置。


この種目はエアフロ社の『T-38オレンジライン(38g)』という世界基準の

競技専用ラインを使って、フライをできるだけ遠くに投げる遠投種目。

古くから行われているトーナメントキャスティングで最も人気のある種目のひとつ。

それでは2コート同時に競技をスタート!

若干の向かい風条件ながら、46.53mを記録した女性キャスター塩谷明絵さん。
2014年北海道オープンでは51.05mの記録をもつ。
b0187142_11591139.jpg



千葉貴彦氏  技術、ポテンシャルともに最高のキャスター。
b0187142_12132912.jpg



塩谷英隆氏  近年トーナメントクラスも急激に強くなってきています。
b0187142_12175957.jpg



◆フライ片手投げの結果
第3位 48.13mで千葉さん。
第2位 51.67mで塩谷さん。50mオーバーを2本揃えました。
優勝は56.08mで私が頂きました。後半の風が良かったのです。


◆第6種目(フライ両手投げ距離)◆
午前中最後の種目はこれも非常に人気があるダブルハンド。

速いラインスピードと細いループを作る
b0187142_12494169.jpg


長いラインの方向付けのため、正確に長い距離ラインを引っ張る。
b0187142_1250432.jpg

結果からいきます。

第3位 69.75mで塩谷さん
第2位 69.87mで私
優勝は70.71mで千葉さんでした!


「ライン長15m以上、ライン重量120g以下」という、

トーナメント競技で最もヘビーなタックルを使う豪快な種目。

タイプ4のダブルテーパーラインを17~18mでカットしたシューティングヘッドを

110~120gに自分に合わせて調整してブッ飛ばすような種目です。


・・・という書き方をするとパワーがあったもん勝ちに思われますが、

事実その通りで、フィジカルも非常に重要です。

が!体が小さくてもロッドコントロール、ループコントロールを身に着けることで、

遠くまで飛ばすことができるようになっていくのが競技の大きな魅力です。

競技の世界で長らく活躍されていた杉坂隆久氏や岡田裕師氏のような

体の小さな選手が、同じ競技会に出場していて矢のようなループで

飛距離を出すのを見た時にそれを実感しました。


また、本流や海アメの釣りで使う#12~#13のダブルハンドは

ライン長10~14m、ライン重量35~45g前後。

競技用タックルでシビアなロッドコントロールが身に着いてくると、

釣り用のロッドが手足のように簡単に扱えるようになってきます。



午後からは釣り用タックルを使った種目『フライキャスティングカテゴリー』です。

◆トラウトディスタンス◆

ロッドは9ft以下。

ラインは3M社の#5フローティングライン『エキスパートディスタンス オレンジ』

を使った遠投競技。ラインをカットしたり、繋げるなど加工は一切禁止。

全長120ft(36m)のフルラインを使ってフライをどこまで飛ばせるかという種目。

これも結果からいきます。

第3位 33.53m 千葉さん

第2位 35.92m 私

優勝は川村真吾氏  38.81ms(写真は川村氏のシートラウトディスタンス)
b0187142_131433.jpg

シューティングヘッドではありません。#5のフルフローティングラインでの記録です!003.gif

この種目はJCSF(日本キャスティングスポーツ連盟)で昨年からスタートしたばかりですが、

2014年は36m、2015年は5月の帯広大会で37m、そして7月の旭川で38mと

次々と記録が塗り替えられています。

次に39m、そして40m飛ばすのはいったい誰でしょう!?
b0187142_13212064.jpg



◆シートラウトディスタンス◆

27g以下のシューティングヘッド(フローティングライン)で、
ラインの直径は2mm以下。
ロッドは10ft以下。

第3位 41.44m 塩谷英隆さん
第2位 42.57m 千葉さん
優勝は43.82mで川村さんでした。#5に続いて2冠!
b0187142_13215128.jpg



◆サーモンディスタンス◆

55g以下のシューティングヘッド(フローティングライン)で、
ラインの直径は3mm以下。
ロッドは15ft以下。

第3位 48.32mで塩谷さん

第2位 49.91mで千葉さん

優勝は54.90mで川村さん。3冠達成!
b0187142_13222038.jpg



最後の種目です。
◆ダブルハンド #13◆
これは世界で行われている『フライキャスティングカテゴリー』種目

には無い北海道のローカルルールです。

第3位 57.49m 塩谷さん

第2位 57.88m 千葉さん

優勝 61.90m 川村さん 4冠達成!
b0187142_1326082.jpg

写真は全部違うんですが、順位が一緒なので同じに見えます・・・。037.gif

北海道オープンの記録表はこちら


閉会式&表彰式を終了後は会場を撤収。

全員で運営のお手伝いや片付けを行ってくれています。

b0187142_1328045.jpg


みんなで楽しい競技会にしようという気持ちが嬉しいです!001.gif


◆次回お知らせ◆
8/22(土)・23(日)
朱鞠内の『2015北海道国際スペイキャスティング競技会』です。


トーナメントクラスは
9/13(日)
『2015秋季恵庭競技会』です。

b0187142_1336470.jpg

[PR]
# by y-fukuchin | 2015-07-19 23:13 | キャスティング | Comments(0)

2015HCK春季帯広競技会

キャスティング競技開催のお知らせ。

2015HCK春季帯広競技会

5/31(日)に札内川河川敷にて行われます。
当日は見学自由!
飛び入り参加もOKです。


***********************************************
2015年HCK春季帯広競技会開催案内

主催:HCK(北海道キャスティングクラブ)
公認:JCSF(日本キャスティング連盟)  後援:つり人社
大会委員長:高木 繁一 審判長:武田 淳也 事務局:福田 泰完
開催場所:札内川河川敷 野球場C 
開催日時:2015年5月31日(日)雨天決行(但し、雷の場合中止)
受付開始:AM 7:30  競技開始 AM8:30
参加資格:自由(参加者多数の場合先着順にて締め切りを行う場合があります)
開催種目:第1種目 フライ正確度    第2種目 フライ片手投げ距離
     第4種目 スピニング正確度  第6種目 フライ両手投げ距離
     アングラーズクラス トラウトディスタンス
  アングラーズクラス サーモンディスタンス

参加料:参加1種目ごと、一律。トーナメントクラス:1,000円
アングラーズクラス: 500円
締め切り:2015年5月24日(日)まで(締切厳守)にEメール、TELにて、
下記までお申し込みください。
Eメール yasuhiro-fukuchin@nifty.com TEL:090-1647-4726
 HCK事務局 福田 泰完
※緊急時の連絡先もお知らせください。
注意事項:
昼食は各自ご用意ください。
計測は全員ご協力ください。怪我防止のため、帽子・メガネを着用してください。
----------------------------------キリトリ---------------------------------
2015年HCK春季帯広競技会 出場申込書 ※全ての項目を記載してください。
登録区分 【□JCSF登録者 □一般参加 □18歳以下】
所属【 】 □会場地図希望
氏名 フリガナ
住所 〒
電話番号 緊急連絡先
出場種目  □第1種目フライ正確度   □第2種目フライ片手投げ距離
□第4種目スピニング正確度    □第6種目フライ両手投げ距離
   □アングラーズ トラウトディスタンス(#5相当)
   □アングラーズクラス サーモンディスタンス

誓約事項

1.主催者は疾病や傷病、事故に対し一切の責任を負いません。

2.主催者は盗難・紛失等に対し責任を負いません。

3.参加者は審判員の指示に従い、また注意事項やマナーを守ってください。

4.参加者は誓約事項、インランドキャスティング競技規則、注意事項を承諾した上で本大会へ申し込むこととします。

5.参加者は大会開催中の映像・写真・記事・記録・申込者の氏名等をテレビ、新聞、雑誌等の印刷物及び、インターネットへ使用されることを事前に承知し、また掲載権と肖像権は主催者に一任すること。
附随して主催者および協力する個人・団体が作成する印刷物・写真・DVD並びに情報メディアなどによる商業的利用を承認する。

6.本大会へ申し込まれた方は、誓約事項、インランドキャスティング競技規則、注意事項をすべて承諾したものとみなされます。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-05-29 19:05 | キャスティング | Comments(0)

一周忌

ちょうど一年前の今日、父親が他界。

そのため長らくブログを中断していました。


父には色々なことを教わりましたが、

大好きな釣りにいっぱい連れていってもらったことが

一番の思い出です。


また今日から再開していこうと思います。
[PR]
# by y-fukuchin | 2015-05-27 01:38 | 家族 | Comments(0)
2014年の初戦は5/18の旭川大会から。

例年は帯広でしたが、今年は会場が使えず。

4月の函館大会も芝の養生のため使えず・・・・とイレギュラーが続く。


さて、当日5/18の北海道は異常低温で朝の峠は降雪のため通行止めとなり、

旭川まで辿り着けない選手たちが!

朝の気温が3℃と超寒いうえに小雨が降っている。


まぁそれでもやりますがね。


横風が冷たいので初めてテントに横幕を設置。
b0187142_2229338.jpg


いつも通り「EV-4:スピニング正確度」からスタート。
b0187142_22302017.jpg


そして「EV-1:フライ正確度」を終えてディスタンス種目へ。



朝から風向が頻繁に変わり、風が巻いていた。

投擲コートを設置する際、投擲の方向は最終的に審判長に委ねられる。

少しでも良い条件で設置して気持ち良く投擲してもらいたいので、

毎回この判断が一番苦労する。


運営も選手も関係なく全員が協力してくれて2コートを設置。

小雨が降り続くなか、「EV-2:フライ片手投げ距離」からスタート。

ディスタンス種目にとって最悪の条件のなか、この種目で初優勝を飾った選手!
b0187142_22421178.jpg


50mという距離があんなに遠い大会もなかなか経験できません。(笑)

そんな悪条件でも上手く投擲した結果ですね!おめでとうございます!!



ここで昼食休憩。



もうかなりの雨で、長靴を持って来なかったんでシューズがぐちゃぐちゃ・・・・。

昼食後は「EV-6:フライ両手投げ距離」からスタート。

自分の投擲。手が滑ってしまった。
b0187142_22485799.jpg

b0187142_22491824.jpg

この後ロッドティップが地面に激突。・・・折れなくて良かった。



そしてアングラーズクラスへ。

まずは今年から新設された種目「トラウトディスタンス」。

3Mのエキスパートディスタンス #5フローティングラインを使う遠投種目。

ラインはカットしたり繋げたりなど一切細工できず、ロッドとの相性を早く見つけておきたい。


同様に新設された「サーモンディスタンス」。

55g以下のフローティングラインを使う遠投種目。

アングラーズクラス、向かい風になってしまいごめんなさい。



結果発表はこちらから
2014HCK春季旭川大会成績表

次は7/19・7/20に旭川で開催される北海道オープンでお会いしましょう!
b0187142_2313978.jpg

[PR]
# by y-fukuchin | 2014-05-19 22:21 | キャスティング | Comments(0)
2014年 HCK春季帯広旭川競技会の開催案内です。

主催:北海道キャスティングクラブ(HCK)
公認:一般社団法人 日本キャスティングスポーツ連盟(JCSF)
後援:North Angler’s(つり人社)
大会委員長:福田 泰完 審判長:武田 淳也 大会事務局:福田 泰完

開催場所:札内川河川敷 野球場C 旭川市神居町富沢 カムイの杜多目的広場
開催日時:2014年5月18日(日)雨天決行(但し、雷の場合中止)
受付開始:AM 8:00  競技開始 AM8:30
参加資格:自由(参加者多数の場合先着順にて締め切りを行う場合があります)

開催種目:第1種目フライ正確度  第2種目フライ片手投げ距離
     第4種目スピニング正確度  第6種目フライ両手投げ距離
トラウトディスタンス(#5) サーモンディスタンス(#13相当)
競技ルール:World Championship in Flycasting準拠“JCSFフライキャスティング規定に準じる。
ルールに関して詳しくは下記を参照。
http://castingsport-jcsf.com/?p=1314
参加料:1種目につき、JCSF登録者:1,000円 一般参加者:1,500円

締め切り:2014年5月11日(日)まで(締切厳守)にEメールかTELにて、
下記までお申し込みください。
Eメール yasuhiro-fukuchin@nifty.com TEL:090-1647-4726
 HCK事務局 福田 泰完
※緊急時の連絡先もお知らせください。

注意事項:
昼食は各自ご用意ください。
計測は全員ご協力ください。怪我防止のため、帽子・メガネを着用してください。

----------------------------------キリトリ---------------------------------
2014年HCK春季旭川競技会 出場申込書 ※全ての項目を記載してください。
登録区分 【□JCSF登録者 □一般参加 □18歳以下】
所属【 】 □会場地図希望
氏名 フリガナ
住所 〒
電話番号 緊急連絡先
出場種目  □第1種目フライ正確度   □第2種目フライ片手投げ距離
□第4種目スピニング正確度    □第6種目フライ両手投げ距離
   □トラウトディスタンス      □サーモンディスタンス

誓約事項
1.主催者は疾病や傷病、事故に対し一切の責任を負いません。
2.主催者は盗難・紛失等に対し責任を負いません。
3.参加者は審判員の指示に従い、また注意事項やマナーを守ってください。
4.参加者は誓約事項、インランドキャスティング競技規則、注意事項を承諾した上で本大会へ申し込むこととします。
5.参加者は大会開催中の映像・写真・記事・記録・申込者の氏名等をテレビ、新聞、雑誌等の印刷物及び、インターネットへ使用されることを事前に承知し、また掲載権と肖像権は主催者に一任すること。
附随して主催者および協力する個人・団体が作成する印刷物・写真・DVD並びに情報メディアなどによる商業的利用を承認する。
6.本大会へ申し込まれた方は、誓約事項、インランドキャスティング競技規則、注意事項をすべて承諾したものとみなされます。
[PR]
# by y-fukuchin | 2014-04-25 18:04 | キャスティング | Comments(2)
3月に入りテレメーターの数値が気になる毎日。

水温と水位をチェックし、そろそろいい頃だろう。

今朝は朝7時台の水温が3℃前後まで上がっていた。

そして水位は180~190cmと、過去のデータから判断して
そろそろアメマス達にスイッチが入ってくる頃と思う。


そんなんでドキドキしながらポイントに向かった。

川岸に到着すると、風もなく穏やかな川面が一面に広がる。

ポイントの所々に川底の障害物が作り出す渦がハッキリとわかる。


-2Xの先に結ぶフライ。今日はローズマリーロングテール。

存在感と動きがとても良く、絶対の自信を持っているフライの一つ。

川に入って最初5分も経たないうちにいきなりグッドサイズ!
b0187142_2252399.jpg


一発でローズマリーロングテールを食ってきたロクマル。
口の中にシーライスが数匹くっついていた。
b0187142_22522652.jpg


リリースしてから、またすぐ同じポイントにキャストしなおす。

群れで入っていた場合、魚が出た場所付近は連続して出てくることが多い。

案の定、またしてもゴンゴンとひったくるようなアタリ。

この付近で30~40台を3本追加し、そのあとフライを交換。


スティングレイロングテール。
b0187142_22563028.jpg


なぜかこのフライはデカいアメマスを魅了する。71cm
b0187142_22592082.jpg


フッキング直後、首を振った時の振幅が大きいと、とたんに緊張する。
b0187142_22593739.jpg


巨大なアメマスの尾びれ。産卵床を掘った痕だろうか。
b0187142_2325472.jpg



今日という日は

とにかく魚からのコンタクトが多く、どこに投げても釣れるような気がした。


結局15~6本くらい上げた魚のサイズは

30cm台から60cm、70cm台と万遍なくいろいろなサイズが出た。


活性がとても高くなり、釣りやすい季節になってきたのを感じる。

スウィングが終了してリトリーブ中でも食ってくる、

そして30cm台の魚が15~20cmもあるロングテールをバッサリと食ってくるくらいに

フライに対する反応が良いのだ。

夕方の水温は3℃。海からの冷たい風が吹くと釣れなくなるジンクスがある。
b0187142_2393962.jpg


でも春は確実に、そこまでやってきている。
b0187142_23102994.jpg

[PR]
# by y-fukuchin | 2014-03-20 23:17 | 釣り | Comments(2)

デジカメを入れ替え

2006年から使っていたデジカメが今日でその役割を終えました。
b0187142_0424871.jpg

この8年間、様々なシーンで思い出深い数々の一瞬を

映像として残してくれたデジカメでした。


そして次の相棒はコレです。
b0187142_0452241.jpg

1400万画素で
-10℃~40℃までの環境で使用でき
5m防水&防塵
耐衝撃性能(1.5mからの落下)

数世代も一気に変わったのでスペックの違いが凄い・・・。

「Tough」かもしれないけど大事に使っていきまーす。
[PR]
# by y-fukuchin | 2014-02-28 00:50 | 釣り | Comments(8)

リールのメンテナンス

海水にどっぷり浸してしまったフライリールのメンテナンス。

しばらくやっていなかったので、汚れがひどい!!


まず水洗いしてからパーツを全部バラします。
b0187142_2201926.jpg


ディスクブレーキやワンウェイクラッチなども、部品の一つひとつを全てバラす。
b0187142_221958.jpg

汚れと劣化したグリスを取り除いて綺麗に拭いていきます。


新しいグリスをさしてから組み上げて完成!
b0187142_22310100.jpg


この「AMPEX SK-V スペイ」は15年前から使っていますがトラブル知らず。

粘るように滑らかに効くディスクブレーキがお気に入り。

これからも大事に長~く使います。
[PR]
# by y-fukuchin | 2014-01-19 22:11 | 釣り | Comments(4)

島牧へ

連休!

釣りだと場所が限定される難しい時期。

色々考えた結果、しばらくご無沙汰していた島牧の海アメ釣りに。


もうずいぶん前、島牧の海アメ釣りには2回行ったことがあった。

1回目は暴風雪で知人のルアーロッドを借りて、40gのジグをぶん投げたっけ。

2回目はこれも北北西の風(向かい風)15m/sの大荒れにあたって撃沈。


が、今回は5m/s程度の向かい風で、波は高いがほどほどに荒れて好条件!
b0187142_21513839.jpg


平日で釣り人が少なく、ルアーマンばかり。フライ振っている人が誰もいません・・・。
b0187142_21521790.jpg


それでも40cm前後のアメマスが2本とバラし1本、アタリ1本。
b0187142_21534059.jpg


b0187142_2154087.jpg


冷えた体には暖かい食事が嬉しい!!!
b0187142_21544961.jpg


またいつか来ます!
[PR]
# by y-fukuchin | 2014-01-18 21:29 | 釣り | Comments(2)

今年2回目のスケート

今朝の千歳は最低気温が-21℃と冷え込み過ぎました。

起きると、枕元の目覚まし時計にある温度計が-1.9℃。
b0187142_2147779.jpg

こりゃ寒いわけです。



体を温めるのと基礎体力をつけるのにスケートに行ってきました。
b0187142_21474236.jpg


太ももとお尻がかなり張ってます。
[PR]
# by y-fukuchin | 2014-01-14 21:48 | 日記 | Comments(0)

ちょっと近くのスキー場

いつもの近所のスキー場ではなく、
クルマで30分くらいの距離にある追分の安平山スキー場へ行ってきました。


コースは3つあり(上級、中級、初級)、リフト代もリーズナブル!
b0187142_294070.jpg


リフト乗り場から3分ちょっとで頂上。
b0187142_2121418.jpg


とにかく回数滑らんことには上手くならない!
b0187142_212335.jpg


面白くて面白くて5時間もぶっ続けで滑ってたら、ナイターの照明が点いていました。
b0187142_2125171.jpg


ヒザがガクガク。でも冬場に下半身の良いトレーニングにもなります。

もちろん1月中にまた行きます!
[PR]
# by y-fukuchin | 2014-01-05 02:15 | 日記 | Comments(0)

スキーへ

千歳市民スキー場が今日オープン!

前日は雨だったが、昨夜から雪が降ってサラサラの状態。

さぞかし混雑している事だろうと思って来てみると・・・・

b0187142_1957245.jpg


まだ誰も滑ってない!!


・・・ということは一番乗り。

b0187142_195822100.jpg


今年の1月に初めてスキーをやってから、今日で5回目。

b0187142_1959616.jpg


途中、吹雪いたりもするなか、12回のリフト回数券を1時間ちょっとで使い切りました。

b0187142_2005098.jpg


次は年明けに!
[PR]
# by y-fukuchin | 2013-12-28 20:04 | 日記 | Comments(0)
朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。


本流は大雨の影響がまだひかず増水&濁りで厳しいため、

時期外れですがドライフライの釣りに行ってきました。


メイフライのハッチでもあればいいんですが、

定位しない散発的なライズに苦しみます・・・。



タイミングを待ちながら粘ること1時間。



モコっと水面が盛り上がってフライが消えます!

静かにスィープして合わせると上手くフッキングに成功。

走りまくった魚は50弱のニジでした。

b0187142_2144894.jpg



これで今年のドライフライの釣りは終了。


これからのシーズンはフライサイズが#14 → 15cmに巨大化します。
[PR]
# by y-fukuchin | 2013-10-31 21:06 | 釣り | Comments(4)