北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年8月30日 登山 道東 斜里岳


8/30に道東の斜里岳に登ってきました。
前日の仕事が終わってから夜のうちに4時間半かけて移動し車中泊。
b0187142_16510163.jpg
 
7:45に登山口をスタート。
b0187142_16511456.jpg
 
斜里岳といえば沢や滝で有名。
登山道は沢の両サイドどちらかにあり、ピンクテープの目印を見ながら渡渉が続きます。
b0187142_16500467.jpg
 
まとまった降雨で増水してさえいなければ
普通のトレッキングシューズでも濡れることはありません。
b0187142_16500676.jpg
とにかく沢を何度も何度も渡ります。
「下二股」の分岐。左が旧道で沢沿いコース。右が新道でルートが長い分、沢は無い。
一般的な登り方として、「登りは旧道、下りは新道」。それに倣います。
b0187142_16500663.jpg
 
高度を上げると滝が現れ始めます。
b0187142_16500738.jpg
b0187142_16500760.jpg
b0187142_16500825.jpg
b0187142_16500821.jpg
b0187142_16525466.jpg

濡れた急登の箇所でロープが張ってあるところも。
b0187142_16500994.jpg
b0187142_16530809.jpg
濡れた岩がコケで滑るので注意しながら進みます。
「上二股」の分岐。下山時には新道を選択予定。
b0187142_16533257.jpg
 
「胸突八丁」。急な登りだということですね。
b0187142_16534576.jpg
沢を詰めて、ようやく稜線に到着。
山頂までまだもう少し。ここでガスが濃くなり始めました。
b0187142_16540862.jpg
 
ガスのなか左に見えるピークのもう一つ奥が山頂です。
b0187142_16541412.jpg
 
こんなガレ場もあります。色々とバラエティに富んだルートですね。
b0187142_16542218.jpg
 
これを下ってあのピークが斜里岳の山頂。
b0187142_16542914.jpg
 
あともうちょい。
b0187142_16543487.jpg
 
日本百名山「斜里岳」の山頂へ。
b0187142_17172645.jpg
 
山頂は風が強くて寒かったので、風裏に入って昼食。
しばらく待ちましたがガスが消える気配がないため山頂を後にします。
 
下山時は新道。「熊見峠」までぐるっと回ってから急斜面を降りるルート。
b0187142_16551505.jpg
 
来た道を振り返ると、まだ山頂付近が雲に覆われている・・・。
b0187142_16545560.jpg
 
「熊見峠」に到着。
b0187142_16552617.jpg
あとは一気に下って「下二股」に合流、沢の渡渉を繰り返して登山口へ向かう。
b0187142_17234468.jpg
 
旭川から斜里までは距離が遠いので、
ここまで来たら羅臼岳もいっぺんに登っておきたいな~と思ったが、
また次回の楽しみにしておきます!


[PR]
by y-fukuchin | 2017-08-30 23:40 | 登山 | Comments(0)