北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

登山 残雪期 6月4日 美瑛岳 十勝連峰

6月4日に美瑛岳に登ってきました。
帯広では最高気温34℃超えの猛暑。旭川も32℃。。。
 
望岳台から見た美瑛岳。(左側の鋭いピーク)
b0187142_23064978.jpg
 
2kmほど進んだとろこに美瑛岳の分岐点。
b0187142_23064930.jpg
直進は十勝岳。
美瑛岳はここを左折して進み、小さな川を渡る。
b0187142_23064932.jpg
  
尾根を越えてトラバース気味にハイマツ地帯を巻いて進むとこの景色。
美瑛岳はまだ遠い。
b0187142_23064874.jpg
 
北側斜面には多くの残雪。
b0187142_23064915.jpg
 
谷地形にかかるスノーブリッジに亀裂が見えている。
ハシゴはまだ全く見えない。
気温の上昇と共にいつこれが崩れるか・・・。
b0187142_23081127.jpg
 
ポンピ沢を渡って笹とハイマツの藪の中を進む。やたら暑くて消耗する。。。
そして美瑛岳名物の急登にさしかかる。
b0187142_23081213.jpg
 
急傾斜の雪渓を上から見下ろす。絶対に足を滑らせたくない場所。
b0187142_23081268.jpg
 
無事に登り切って、しばらくハイマツの中を進む。
b0187142_23081269.jpg
 
今度は緩い雪渓をダラダラ登る。意外と長い。 
b0187142_23280119.jpg
ハイマツ地帯に入った。美瑛岳山頂が近づいて見える。
b0187142_23093762.jpg

山頂までこのガレ場を登ってあともう一息。
b0187142_23093701.jpg
 
昨年6月中旬以来の美瑛岳山頂。
b0187142_23093712.jpg
 
 
美瑛富士にオプタテシケ山、そしてトムラウシ山に大雪山系が美しい!
b0187142_23093728.jpg
 
例によって山頂コーヒー&昼食をとって、すぐに下山。
分かりづらいハイマツの切れ目を探すのに難儀する。
b0187142_23093645.jpg
 
下山もやっぱり雪渓の急斜面が待っている。
このクソ暑いなか、なぜアイゼン&ピッケル!?と良く分からなくなる。
b0187142_23303050.jpg
谷のスノーブリッジの亀裂も目立つ。静かに静かに忍び足で渡る。
b0187142_23104043.jpg
 
来た道を振り返る。
b0187142_23104042.jpg
 
十勝岳分岐まであと少し。
b0187142_23104099.jpg
 
あまりの暑さで1.5Lほどの水分(飲料用、食事用)を補給したことになる。
b0187142_23104047.jpg
 
季節外れの暑さだが、事前情報からアイゼン&ピッケルはやっぱり必要だった。
多少装備が重くなっても安全第一。


[PR]
by y-fukuchin | 2018-06-04 23:04 | 登山 | Comments(0)