人気ブログランキング |

北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

登山 冬山 2019年2月28日 十勝岳 吹上温泉白銀荘より

久しぶりに十勝岳へ。

冬の期間は望岳台ルートが通行止めのため、吹上温泉白銀荘からのルート。
天気予報によれば今日は曇り。15時頃から晴れの予報。
b0187142_22040392.jpg
 

スタート直後はスノーシュー&ポールでこんな木々の中を通過します。
b0187142_22055457.jpg
 
雪の季節限定のルートでショートカット。
視界の左手に十勝岳避難小屋を見ながら徐々に高度を上げる。
b0187142_22040450.jpg
 
この数分後、トラバース中に踏み抜き!
今年は例年より積雪が少ないが、2月はまだかなりあると思って油断していた。
b0187142_22040421.jpg
 
スノーシュー裏面のギザギザの歯が岩に引っ掛かって空洞の下まで滑り落ちなかった。。。
b0187142_22150631.jpg
 
まず両手からポールを外し、雪の上の手が届く位置に置いた。
そのまま足で踏ん張りながら体を捩ってザックを背中から外し、ピッケルだけを外してから雪の上に。
穴から雪の上に這い上がるために体を軽くしなければ。
ポールとピッケルをそれぞれ左右の手に持って、手が雪の中深くにめり込まないないように体を穴の外へ。
 
無事に穴から這い出してほっと一安心。
来た道を少し戻り、ルートを100mほど避難小屋側に下げてからまた登り直す。
 
b0187142_22040447.jpg
今のスノーシューならそのままこの斜面を普通に登れてしまう。
b0187142_22040433.jpg
 
高度1700mを超え、グラウンド火口の脇を通過。
ガスの中を登ってきたがここで太陽が顔を覗かせ、十勝岳の姿が見えてきた。
b0187142_22040399.jpg
 
山頂直下の急登を前に、アイゼン&ピッケルに変更。
b0187142_22052452.jpg
 
ガチガチの斜面を約200mちょっと登る。
b0187142_22052509.jpg
 
ここにきて十勝岳名物の爆風が。高度2000mの風速は15m/sと出ていた。
バランスを崩さないように注意しながら高度を上げる。
b0187142_22052505.jpg
 
あともうちょい。。。
b0187142_22052303.jpg
美瑛岳方面に雲海が!
b0187142_22052351.jpg


そして山頂へ。
b0187142_22052477.jpg

b0187142_22052451.jpg
b0187142_22055520.jpg
 
強風で寒いので僅か3分あまりですぐ下山!
帰りも慎重に。
 
濃いガスのなかは自分のトレースを辿る。
b0187142_22055317.jpg

ようやく視界が開けた。
b0187142_22055467.jpg
b0187142_22055432.jpg
 
往復ともスノーシューで下山は1時間50分ほど。
次はどこに登ろうか。

by y-fukuchin | 2019-02-28 21:40 | 登山