北海道の登山とスキーとフライフィッシングのブログ


by y-fukuchin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

4月下旬に連休があって天候が良かったので、大雪山系黒岳に行ってきました。
 
快晴のもとリフト乗り場から見える黒岳。
b0187142_21461129.jpg
 
晴天で風も弱く、絶好の登山日和。
せっかくなのでテント泊の装備を担いで石室周辺でテント泊することに。
7合目の登山口からスノーシュー&ポールでスタート。
b0187142_21475542.jpg
 
スタートは斜度が緩く、体が温まるまでゆっくりしたペースで進む。
b0187142_21472532.jpg
 
8合目を過ぎると傾斜がキツくなってきます。
b0187142_21524949.jpg
 
この辺りから12本爪アイゼンに履き替えてピッケルも装備。
マネキ岩が見えている。
b0187142_21532054.jpg

テント泊装備と防寒用品と美味しい食事&お酒を入れた19kgのザック。
b0187142_21482502.jpg
 
山頂直下の急登。「見上げる」という感じ。
b0187142_21561320.jpg
 
スタートして1時間30分で黒岳山頂に到達。
風で飛ばされて雪が全然無い。
b0187142_21581028.jpg
 
ここから見えるお鉢平や北鎮岳はいつも美しい。。。
b0187142_21584028.jpg
 
黒岳山頂から見える北大雪の山々。
夏に登ったニセイカウシュッペやアンギラスが見える。
b0187142_22004246.jpg
  
黒岳山頂から縦走路を進むと石室が見えてくる。
b0187142_22013279.jpg
 
この一帯はまだまだ積雪が多く、3mほどあるようだ。
b0187142_22033592.jpg
 
b0187142_22032789.jpg
 
今日はこの石室近辺にテントを張る。
スコップで雪を掘って、できるだけ平らに整地していく。

b0187142_22062835.jpg
 
b0187142_22060748.jpg
 

気温はもちろんマイナスだが、日差しを浴びているテントの中はとても暖かく感じる。
雪かきで疲れたので、軽くお昼寝タイム♪。
b0187142_22073360.jpg
 
 
20~30分ほども昼寝しただろうか。
日暮れ前に夕食を終えたかったので、さっそく準備にとりかかる。
今晩のごちそうは味噌鍋!
雪の季節にこれを食べるために重たい荷物を担ぎ上げた。
b0187142_22090243.jpg
  
お酒はウィスキーを持ってきた。
氷はその辺にある雪。溶けて凍ってを繰り返した硬いシャーベット。
b0187142_22092932.jpg
 
コッヘルいっぱいに作った鍋は当然食べきれず、残りは翌朝に回す。
 
日が傾き、北鎮岳の向こうに夕陽が沈むと体感温度が一気に下がってくる。
今回持ってきたダウンシュラフは限界温度-14℃。
-10℃くらいまでは大丈夫だろうが、寒かったらアウターも着ればよい。
b0187142_22170132.jpg
 
この数時間後の深夜、恐ろしい事が起きたのだが敢えて触れないでおく。。。
 
翌朝目が覚めてフライシートを開けるとこんな景色!
b0187142_22220380.jpg
  
今日も天候が良くて気持ちがいい!
b0187142_22224496.jpg
 
引き締まった朝。寒いけど。
b0187142_22252098.jpg
  
朝食は昨夜の鍋の残り。
凍っています。。。
b0187142_22360346.jpg
 
コーヒーを淹れるのと今日の分の水づくり。
b0187142_22362976.jpg
 
朝食後のコーヒー♪
b0187142_22363862.jpg
 
のんびりしてからテントを撤収。
b0187142_22364585.jpg
  
スノーシューを履いて黒岳山頂まで戻る。
b0187142_22391772.jpg
 
ここからは滑落に気を付けてゆっくり下山。
b0187142_22392440.jpg
 
7合目登山口まで40分。
スノーシューに履き替えてロープウェイ黒岳駅まで20分の歩き。
 
下山後は黒岳温泉でゆっくり温まってから帰宅しました。



[PR]
by y-fukuchin | 2018-04-25 21:27 | 登山 | Comments(0)